地方の中小企業に特化し、
リレーションシップコンサルティングを提供

活動レポート

なぜ中小企業は組織づくりと人事に失敗するのか~Rally第1回特別レポート

2020年6月、大好評のうちに第1部を終えたRally。

2020年8月からは新たな受講生を迎え、よりアップデートした内容で第2部をスタートしました。

「中小・零細企業経営者のためのリアルな人事・組織を学ぶ」と題した講座。

ここでは第1回目の講座でお話しした、「中小企業はなぜ組織づくりと人事に失敗するのか」についてふり返ります。

会社の経営者が、組織づくりを苦手とするのは仕方がない



多くの中小企業の経営者は、会社を立ち上げた創業者であっても組織づくりには苦心しています。

理由はシンプル。

経営者は忙しく、組織を勉強する時間が十分ではないから。他社の人事組織について知る機会も、多くの事例に触れるチャンスもほとんどありません。

そして何より、もともと会社を立ち上げたときは「人が足りないから」雇ったのであって、人数が増えた先にある”組織”を見通して採用を進めたわけではないから。

「いい人ばかり入れたはずなのに、人数が増えたら問題ばかりが起こるようになった」。

「昔はすべて把握できたのに、部下に任せたら新しいトラブルが発生した」など、経営者の悩みはよく似ています。

ただ中小企業の組織や人事の問題が厄介なのは、ケースバイケースでしか正解を導くことができないところ。

組織や人事のあり方を変えるのか。あるいは評価制度や採用のやり方を変えるのか。過去の成功例には再現性がなく、うまくいくかどうかは確率論でしかありません。

年間数百人の新卒を採用し、数千人の評価データを持つ大手企業のやり方では通用しないのです。

また組織や人事での問題は、発生したときには取り返しがつかない状態であることも特徴。

問題が発覚したときはすでに、コストをかけて育成した貴重な人材の退職を止められないことが多いのです。

誰の立場から、どの効果を狙って、どれだけの影響を考えるのか

組織や人事問題の解決法として、プロのコンサルタントによる研修を行っている企業は少なくないでしょう。

その際注意すべきなのは、「誰の立場から、どのような効果を狙って、どれだけの影響範囲を考えた研修を行っているのか」という点。

現在、世にある多くの組織・人事セミナーは、「今、自社をどうするか、今、自社に足りないものは何か」という、人事部長や部門長的な観点(視座)を満たすための内容になっています。

ただそれでは、経営者が求める「企業の未来のために成果を出す」内容にはなりません。

中小企業の経営においては、「組織人事の問題解決には、成果が出ればよい。成果を出すための方法は問わない」と意識すべき。

必要なのは足りない部分を、世の中のルールや型のなかでうまくやることではありません。

現在の枠組みを超えてでも、自社の方法でPDCAを回し、その結果を踏まえて検証をくり返していくこと。

「組織人事は100%うまくいくことはない」を前提に、5年後、10年後を見すえた組織づくりをしていくことが重要です。

今回講座でお話しした組織づくりについての総合的な内容は、第1回 Rally「高収益組織をつくるための組織体系」講座レポートで詳しくお伝えしています。

ぜひそちらもご覧ください!

Rallyでは、2020年9月15日(火)に第2回目の講座を予定しています。テーマは「採用戦略が組織の質を決める」。2回目以降のスケジュールは、下記からご確認ください。

☞インターネットからのお申し込みはこちら

1社2名様まで参加可能ですので、ぜひ次世代を担う経営幹部や経営幹部候補も一緒にご参加ください!

お問い合わせ

お問い合わせフォーム、またはお電話にて
お気軽にお問い合わせください。

086-800-1410

お問い合わせページはこちら